パートをする上で考慮する事

最新の投稿

パートをする上で考慮する事

パートをする上で考慮する事 子供も少し大きくなってきたので何かパートをしたいと仕事を探す主婦の方いる中、税金に関しては少し知識を持っておいた方が損をしている気持ちにならないですむので調べておく事を是非お勧めしたいです。正社員でも同じ事ですが、1万円でも貰えるのと貰えないのでは大きな違いです。

専業主婦は基本的に旦那さんの扶養家族という事で会社に登録されている形になっています。この扶養家族という意味はこの人には所得が無いという仕組みです。ですので基本的に所得がある人は扶養家族には入れない事になっています。所得があるとみなされる年収103万円までとなっております。

この金額を超えてしまうと夫の税金と妻の税金の2つを支払う必要がありますし、妻が年収103万円を超えるという事は配偶者控除という制度を受ける事ができなくなってしまいます。また、年収が130万円を超えると税金と社会保険料の2つを負担しなければならなくなります。これら諸々を計算すると税金が増えたりするような事から妻の年収が120万でも140万でもトータル的に手に入る金額は変わらないという結果になります。ただ、160万以上を所得できた場合はどうなのかという事です。その場合は2人の所得はあがります。当たり前かもしれませんが、収入が増えれば増えるほどトータルも増えていきます。ただ、パートという観点から考えると適度に出来る事が一番なので家族のリズムと自分のスペースに合わせてプチ収入が出来る事も魅力の一つかと考えます。